ホーム > おおたに幼稚園って?

いろいろご縁があって幼稚園選びをされると思いますが、お子さんをお預りすることをご縁として、教職員も父母の皆さんも『ともに生き、ともに育ち合う』関係を大切にして、ともに喜び合える結果となりますように努力を重ねております。

 子供たちの『何でも触ってみたい』『自分の発想で何かをしてみたい』という好奇心、冒険心、創造性をできるだけ生かし、自由に遊ぶ環境を子供たちに提供しようと、幼稚園の教職員はアイデアを出し合い、いろいろ工夫しています。子供たちは今日はこんな遊びに挑戦しようと夢を抱いて勢いよく幼稚園の玄関をめざして飛込むように入ってきます。

 この『のびのび保育』は、子供のもつ自分で自分を育てる力『自己教育力』を信じるところから始まります。子供同士のつかみ合いもある自由な人間関係、ケンカをしても『ごめんね』『仲良くしようね』『ありがとう』と言葉を交わし、体力づくりにも熱中し自然にも多く触れ、汗も涙もともに流し、心と体を鍛える環境づくりに努めると共に自立心の育成を大切にしています。


 今、優しさ、思いやりの心を育てる『心の教育』が求められていますが、このことを幼稚園は、仏教の知恵(正しいものを求める心)と慈悲(やさしい思いやりの心)を建学の精神にしております。

おおたに幼稚園の地図はこちら
上へ戻る

サポート保育申込書(PDF) 感染症罹患後の登園許可についての医師の意見書 感染症罹患後の保護者の登園届 与薬依頼票 就労証明書 バスコース変更(就労用) バスコース変更届け

※サポート保育申込書・感染症罹患後の登園許可についての医師の意見書・感染症罹患後の保護者の登園届・与薬依頼票・就労証明書・バスコースの変更・バスコース変更(就労用)が必要な方はこちらからダウンロードしてください。

2日(月) 少…外遊び
中…家族の日制作
長…防災センター見学
3日(火) 少…知事公館へおでかけ
きりん組…実習の先生が一日先生になります。
ぞう組…外遊び
長…万灯会の絵を描こう
4日(水) 本堂礼拝
※制服着用
お寺でお参りをします。
5日(木) 七夕まつり
6日(金) 少…泥遊び
中…リズム
長…家族の日制作
9日(月) 少…水遊び
中…夏祭りごっこ
長…家族の日制作
10日(火) 7月生まれさん誕生会
少…10時35分
中…10時30分
長…10時30分
上記の時間に、誕生会をおこないます。誕生児の保護者の方は、ご自由に参観ください。
11日(水) 午前保育
少…夏祭り、園内散策
中…夏祭りごっこ
長…夏祭りごっこ
12日(木) 夏まつり1日目
少…オレンジ・緑水色・ピンクコース
中…きりん
長…とら
夏まつり2日目の人はお休みです。
13日(金) 夏まつり2日目
少…歩き・青・黄色コース
中…ぞう
長…くま
夏まつり1日目の人はお休みです。
16日(月) 海の日
17日(火) 少…水遊び
年中・長組で遊ぼう
きりん組・とら組…水遊び(旭山記念公園)
ぞう組・くま組…幼稚園で集団遊び
18日(水) 午後保育
少…リズム
年中・長組で遊ぼう
きりん組・とら組…幼稚園で集団遊び
ぞう組・くま組…水遊び(旭山記念公園)
19日(木) 少…中島公園へおでかけ
中…外遊び
長…大掃除&みんなで遊ぼう
20日(金) 乳児…避難訓練
少…大掃除
中…ベルで遊ぼう
長…体力リズムIn旭山記念公園(水遊び)
雨の場合は、リズム活動に変更になります。
23日(月) 午前保育
乳児…身体測定
一学期終業式
※制服着用

年少水筒持参日:3日、19日
年中水筒持参日:17日、18日、19日
年長水筒持参日:17日、18日、19日、20日


 子ども達が今、夢中になっている遊びの一つに泥だんごレースがあります。ドロドロ、カチカチ個性豊かな泥だんごをベニヤ板で作った迷路を転がし、牛乳パックの障害物を通り割れずにゴールができたら成功です。ゴールから転がったその先に的を置くという子ども達の発想は最高です。ご家庭から集めた石鹸は、年長の子ども達を中心に、本物のボール・泡立て器・クリーム絞り袋を使い土で作ったケーキの上に、乾かした花びらや石鹸クリームをのせて美味しいケーキ作りで盛り上がっています。ご家庭から回収させていただいた物で遊びが発展しています。ご協力ありがとうございました。
 先日、運動会の総練習行われました。0・1・2歳の子ども達も、お兄ちゃんお姉ちゃんの競技の様子を応援し遊戯の音楽に合わせて体を動かすなど運動会の雰囲気を味わっていました。いちご・さくらんぼ組は、絵本「なにをたべてきたの?」を題材にして“かけっこ”を行います。子ども達は、しろぶたくんに、りんごやぶどうなど果物の色に合わせて絵具を使う活動をしました。もも組は、「いいとこいくの」の絵本に出てくる車のトロッコを使った“かけっこ”を行います。年中組のお部屋の前でトロッコごっこをしていると、年中組の子ども達が出て来てトロッコに興味津々…もも組の子ども達を乗せて引っ張るお手伝いをしてくれました。普段の保育の中で幼稚園部と乳児部の交流も広がっています。
上へ戻る